UMAJIN.net

スマートフォンアプリ

UMAJIN.netのスマートフォンアプリが登場!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

2022/08/27 17:01 カテゴリ: 注目

【今日の出来事】小倉サマージャンプで石神騎手がJRA障害重賞全場制覇ならびに史上初のJRA障害重賞完全制覇を達成/白浜騎手が落馬負傷

【8月27日の出来事】
■小倉競馬第8R・小倉サマージャンプ(J・GIII、芝3390m)でアサクサゲンキ(セ7)が1着となり、同馬に騎乗した石神深一騎手(40、美浦・フリー)は、現在障害重賞が実施されている6競馬場すべてで勝利、障害重賞全場制覇を達成した。これは新潟・小倉で障害重賞が実施されるようになった1999年以降では3人目の記録。また同騎手は、開催場の変更により、通常障害重賞が実施されていない中京で行なわれた重賞にも勝利を挙げており(2021年阪神ジャンプSと2022年京都ハイジャンプ)、7場障害重賞制覇となった。さらにこの勝利で、現在JRAで実施されている障害重賞(10レース)をすべて勝利したこととなり、史上初のJRA障害重賞完全制覇も同時に達成した。同騎手は2001年にJRA騎手デビュー。この勝利でJRA通算3719戦178勝(うち障害101勝)、重賞勝利はJ・GI10勝を含む23勝となった。

同騎手は「飛越の上手な馬だということは分かっていたので、仕掛けどころを間違えないようにと考えていました。最後の直線はほとんど手応えがなかったのですが、馬が最後の力を振り絞って、差し切ってくれました。熊沢さんが乗っているときから、この馬は小倉のような難しい競馬場のほうが合っているのではないかと思っていたので、その通りでした。ずっと小倉の成績が悪くて、小倉で重賞を勝つことを一つの目標としていたので、全場制覇も嬉しいですし、小倉で重賞を勝てたことが何よりも嬉しいです。障害100勝を達成したり、全場制覇を達成したりと、小倉はアサクサゲンキと同じで水が合うのではと思います。ローカル開催も来週で終わり、9月から本場開催が始まります。大きいレースも始まっていきますし、9月の頭にはオジュウチョウサンも復帰する予定です。障害レースをこれからもたくさんの方に応援していただけると、障害ジョッキーはみんな嬉しいので、これからも応援よろしくお願いします」と、JRAを通じてコメントしている。

■小倉競馬第8R・小倉サマージャンプでマイネルプロンプト(セ10)が2周目2号障害飛越着地時につまずき、騎乗していた白浜雄造騎手(42、栗東・フリー)が落馬したため競走を中止。同騎手は頭部外傷の疑いで北九州市内の病院に搬送された。馬には異状なかった。
(Text:Hattori)

▽【関連リンク】
■【先週の結果】“馬柱探偵”田原基成氏「北九州記念」16人気⇒1着ボンボヤージを見逃さず!3連複3万1820円的中!

■【Weekly POG2022⇒2023】好評開催中!

■驚異の新指数【WINDEX】キーンランドCなど日曜全レース出走馬の能力を完全数値化!
■【重要】登録ができない、メールが届かない会員様へ

UMAJINニュース一覧

PAGE TOP