UMAJIN.net

競馬サロン

直撃砲:時事の心臓部

2023/11/10 17:30

誰でも平等に「個人馬主」になり億単位の報酬が稼げる!知らなければ損、競馬の最前線【META POG】の魅力

52
11月8日(水)、META POGサービス正式開始となる2024年春に向けた「第一回・特選カウントダウンSALE(計7回目のSALE)」が開催された。

第一回・特選カウントダウンSALEでは、300口分(300頭分)のLICENSE QUBE(LQ)が約1時間30分で完売。ますます話題沸騰の世界初「稼げるPOG&超リアル馬主体験」META POG。




詳細は後ほど

index
1.META POGの保障制度
2.賞金の原資について
3.賞金獲得の【計算式】
4.LQプレセール(LQ先行販売)
5.還元率を実際の馬主と比較
6.時代の先駆者としての心構え
7.META POGメンバー様の声を抜粋
8.META POG「Q&A」
9.明日から稼げる「六箇条」


━━━━━━━━━━━
【META POG(メタポグ)】の提供者はSports Perfecta Vietnam LLC社。この会社のCEOはHIRO WATANABE氏、SPV社はエンターテイメント・ゲーム業界において、WEB3.0の登場とともに台頭してきた新しい波「遊んで稼ぐ」、すなわちPLAY TO EARN(P2E)の動きを背景に持つ。特に、P2Eの代表的なグローバルタイトル「Axie Infinity」を生み出した地、ベトナムにおける顕著なベンチャー法人。

さらに付け加えると、META POGに関連する「参加する権利付きNFTの日本国内総販売」の独占的な権利を持つのは、競馬専門メディアUMAJIN.netの運営者である「Neo Sports(ネオスポーツ)」である。

競馬頭脳で挑む
PLAY TO EARN(P2E)
【META POG・公式ホームページ】
https://meta-pog.com/?ad=ss215

※上記META POGサイトにアクセスし、サイト「右上」にある『新規登録ボタン』から空メールを送るだけでも無料登録ができます。

※ドメイン指定受信や迷惑メール設定をされている方は、ドメイン指定受信や迷惑メールフィルターの設定を変更して下さい。META POGのドメイン「@meta-pog.com」からのメールを受信できるよう設定した後、もう一度空メールの送信をお試し下さい。

━━━━━━━━━━━

2023年5月15日(月)午前10時

極めて衝撃的な記事が、世界で初めて公開された。このニュースは、あっという間に世界中の人々の間で急激に拡散され、特に熱心な競馬ファンの間で大きな波紋を引き起こした瞬間である。

なんと、3つの主要なメディアが一斉に「プレスリリース」を行ったのだ。具体的には、PR TIMES、@Press、そしてPressWalkerである。

「心臓が止まるかと思ったよ(I thought my heart was going to stop)」という声が全てを象徴する。

これらの情報源から伝わってきた内容は、【META POG】のゲーム参加権付きNFTの先行予約販売の開始に関するものであった。

3社による一斉集中報道
「プレスリリース」

◆PR TIMES◆
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000068210.html

◆@Press◆
https://www.atpress.ne.jp/news/355200

◆PressWalker◆
https://presswalker.jp/press/12380

企業や官公庁、自治体からの報道機関向け発表資料を公開する、この3つのメディアは、国内外の報道関係者はもちろん、一般の人々もアクセスすることのできる、高い信頼性を持つ媒体として知られている

※本題へと入る前に※
━━━━━━━━━━━
2023年11月の現在、この記事を執筆するにあたり、伝えておきたいことがある。それは、わずか7ヵ月の間に、META POGの参加権として知られる「LICENSE QUBE(LQ・ライセンスキューブ)」の価値が、圧倒的なペースで上昇しているという事実である。

5月には、このLQが世界で初めて解禁された。そして、11月に至るまでの期間に、META POG公式ホームページでは7回のLQセールが行われている。第1回目のセールでは、LQの価格は1口2万円からスタートした。

ところが、第2回目のセールでは1つのLQの価格が2万5000円に、第3回目では3万円に、第4回目では3万7000円に、そして第5回目では4万5000円、第6回目では5万5000円、続く前回SALEでは10万円へ価格は着実に上昇している。この短期間での価格上昇率は、驚異的な【500%】に到達。

また販売から終了までの時間に至っては、

■1回目SALE・完売
LQ500枚(500口分)約3時間

■2回目SALE・完売
LQ800枚(800口分)約2時間半

■3回目SALE・完売
LQ1300枚(1300口分)約4時間

■4回目SALE・完売
LQ1500枚(1500口分)約2時間10分

■5回目SALE・完売
LQ2000枚(2000口分)約2時間50分

■6回目SALE・完売
LQ2000枚(2000口分)約2時間15分

■7回目SALE・完売
LQ300枚(300口分)約1時間30分

驚くことに、6回目のSALEでは、2000口分のLQが用意され、こちらは2時間15分という短時間で完売。続く前回SALEでは、LQ300枚(300口分)約1時間30分で完売。LQへの需要が絶え間なく高まっていることが伺える。
━━━━━━━━━━━

先に紹介したメディア、すなわちPR TIMES、@Press、そしてPressWalkerで取り上げられているのは、日本で長い間親しまれてきた「POG(Paper Owner Game)」が、独特のルールによって、一層リアルな体験へと進化した【META POG】。

賞金配布の部分においては、現実の競馬と完全に連動した、まさに究極の馬主体験を提供するサービスである。

その特徴は、「PLAY TO EARN(P2E)」の理念に基づいており、競馬に関する知識と情熱だけで報酬を得ることが可能な、世界で初めての超リアルPOGである。

既存のPOGルールから脱却し、新しい「指名ルール」や「スコア計算ルール」「賞金配布体系」といった革新的なルールを導入している。これは、競馬ファンが心から魅了される、知力と予測を駆使した最高の勝負の舞台だ。興味のある方は、【動画再生(2分32秒)】のリンクから、META POGの世界を覗いてみるとよいだろう。

競馬頭脳で挑む
PLAY TO EARN(P2E)
【META POG(メタポグ)】

META POGの世界
【動画再生(2分32秒)】


誇れ!競馬脳!
獲れ!驚額プライズ!

というスローガンのもと、日本、この競馬超大国に、新たなる風が吹き込んできた。それが、世界で初めてのサービス、超リアル馬主体験と稼げるPOGの【META POG(メタポグ)】である。

このサービスの魅力は実際に存在する競走馬から、将来活躍すると思われる馬を自ら選び、その選択の結果が現実の中央競馬や地方競馬の結果と完全に連動するという点だ。そして、その成績に基づいてスコアを累積していく。最も注目すべきは、このスコアに応じて、実際の賞金や報酬を獲得することができる点である。これまでのPOGとは一線を画す、新しいタイプのPOGが、ここ日本で誕生したのだ。

「世界初」というキーワードの下、新たな競馬の世界が広がっている。

【META POG】は、競馬ファンにとっての夢を現実にするサービスである。イクイノックス、ディープインパクト、キングカメハメハ、ロードカナロアなどに続く次世代のスター馬を見つけ、その名を「LICENSE QUBE(LQ/ライセンスキューブ)」に指名、格納することで報酬を手にしろ!欲求を満たせ、そして、自慢しろ!!

「キタサンブラックの後継馬イクイノックス、ハーツクライの筆頭後継馬ドウデュースをLQに指名格納したい」

「種牡馬入りが確定的なタスティエーラをLQに格納して報酬を得たい」

「牝馬だけどリバティアイランドなら現役時だけでなく引退してからも仔が稼いでくれそう」

さらに、【META POG】の魅力は、新進気鋭の馬を「いきなり」POG指名できる点にもある。来年古馬となる23ダービー馬のタスティエーラや23皐月賞馬のソールオリエンスも、すぐに指名することができるのだ。これは、競馬ファンの新たな興奮と期待を生むこと間違いなしだ。

META POGの日本運営からの最新情報を、ここで伝えたいと思う。

【META POGの保障制度について】
LQプレセールでLICENSE QUBE(LQ/ライセンスキューブ)を手に入れた場合、2024年春より競走馬の指名が可能となる。そして、その指名した馬がデビュー前や2歳時に引退や予後不良といった状況になったとしても、現実の馬主と同様の保障制度が整えられている。この制度には、メンバーが経済的な損失を受けないよう、大枠がすでに固定されている。最終的な決定は、メンバーの利益を最優先として考慮して行われるだろう。

しかし、注意点として、もし3歳以上、すなわち古馬になった競走馬、もしくは最初から3歳以上の馬を指名・格納して、その後に問題が発生した場合、そのLQは消滅する。これも、現実世界の馬主と同じ扱いとなっている点である。

【馬主免許が不要で、登録メンバーが「個人馬主」として参加できる】
デビュー前の2歳馬や3歳、古馬の中から自らの好きな馬を指名する。そして、その馬が現実の競馬で獲得する賞金や、種牡馬・繁殖牝馬としての賞金がスコアとして加算され、その結果として賞金報酬を獲得できる。これが、META POGの超リアルな馬主体験である。

さらに、META POGは「現役馬・デビュー後指名制度」や「引退後も賞金が発生する」という、これまでの常識を覆すルールを採用している。

参加するためのステップは驚くほどシンプル。必要なのは、「LICENSE QUBE(LQ・ライセンスキューブ)」を手に入れることだけ。そして、その後のサービス利用は完全無料で、追加料金は一切不要。生涯利用料金はゼロ、これをお約束する。このシンプルで革新的なサービス構造が、META POGの魅力の一部である。

競馬頭脳で挑む
PLAY TO EARN(P2E)
【META POG・公式ホームページ】
https://meta-pog.com/?ad=ss215

※上記META POGサイトにアクセスし、サイト「右上」にある『新規登録ボタン』から空メールを送るだけでも無料登録ができます。

※ドメイン指定受信や迷惑メール設定をされている方は、ドメイン指定受信や迷惑メールフィルターの設定を変更して下さい。META POGのドメイン「@meta-pog.com」からのメールを受信できるよう設定した後、もう一度空メールの送信をお試し下さい。

【無知は散財する】
競馬、投資、さらに日常の生活において、知識の欠如は多くの人々が余分な金や時間を浪費する主要な要因である。しかし、この文章を読んでいるあなたは、すでにMETA POG(メタポグ)の存在を知っている。もう、あなたは「無知」ではない。

META POGは単なるサービスではなく、その潜在能力は計り知れず、META POGメンバーの皆様にはそのポテンシャルを100%まで引き出して頂きたいと願っている。

このサービスを活用すれば、日本での「馬主免許」と同等のステイタスを得ることができる。さらに驚くべきことに、実際の個人馬主よりも約2倍、一口クラブの馬主よりも約2.5倍の収益を得ることが可能となる。これこそが、META POGの真骨頂である。

━━賞金の原資に関して━━
賞金の原資は、スポンサーからの広告費をもとに提供される。この構造は、プロゴルフのトーナメントや大相撲の賞金提供と非常に似ている。これにより、持続性と信頼性が保証され、利用者の皆様には、何の不安もなく、心置きなくサービスをお楽しみいただける。

【今は最も馬主が稼げる時代】

現代の日本競馬界は、過去に比べて馬主が大きな利益を享受できる時代となっている。だが、2023年現在の競馬界は複雑である。確かに馬主が一番稼げる時代であるが、それは馬券ファンにとっては稼ぎにくい時代とも言えるのである。

多くの専門家や経験者が、馬券の投資から馬主へとシフトしている。この動きの中で、META POGは、馬主としての優れた収益性を持つプラットフォームであると確信している。馬主としての稼ぎは実際の馬主の2倍、一口馬主に至っては2.5倍にも及ぶのだ。

だが、2023年の競馬界には気になる現象が見られる。馬券の売上が大幅に減少しているのである。この減少は、馬券売上に直結する払戻金の額にも影響を及ぼしている。例を挙げれば、今年5月までの重賞56レースでは、馬券売上が昨年比で117億8439万円も減少している。GIレースに絞ってみても昨年に比べて38億3383万円の減少。

一方、META POGのシステムは馬券売上の減少とは無関係である。META POGでの収益は、ユーザーが指名した競走馬のレース成績に左右される。これにより、META POGのユーザーは馬券売上の低下とは無縁で、報酬を享受することが可能である。

また、競馬の賞金は増加の一途を辿っている。特に、ジャパンCや有馬記念などの大レースの賞金は、過去10年で2.5倍以上に増加している。実際に競走馬のセールでは記録更新が続き、ジャスティンの冠名で知られる三木正浩氏やAbemaの藤田晋氏など、多くの著名実業家も馬主業への参入を果たしている。

この馬券売上の減少と馬主の増加は、馬主が稼ぎやすい時代が本格的に到来していることを示すものである。これは、競馬界の新たな時代の幕開けと言えるだろう。

馬主になることは、多くの競馬ファンの夢である。だが、それには収入や前科の有無など、様々なハードルが存在する。また、一口馬主としての参加においても、会費や賞金、さらにはクラブの取り分など、多くの出費が必要となるのが現状である。



この既存の枠組みを超えて、META POGは「公平でリアルで時にヒリヒリする馬主体験」を全ての競馬ファンに提供することを宣言している。

例えば、ユーザーがMETA POGで指名している馬が有馬記念で勝利した場合。1着賞金の5億円のうち、馬主の取り分としての80%、つまり4億円が対象となる。そしてその4億円のうち、1000分の1にあたる40万円分がユーザーの所持するLICENSE QUBE(LQ・ライセンスキューブ)に報酬スコアとして刻まれるのである。

ここで注意したいのはこの報酬スコアを受け取るためには、必ずLQを所持している必要がある点だ。このLQは、META POGの新しい馬主体験を満喫する上で、欠かせないアイテムとなっている。

有馬記念の前にも、その馬が稼いだ賞金は蓄積されていく。よって、有馬記念の勝利という特大の賞金が上乗せされる形となる。そしてこの感覚は全く問題なく理解し、楽しむことができる。

さらに、META POGの特徴として、実際の馬主と同じく4着や5着馬のオーナーにも賞金が与えられる(勝ち馬投票券では4着以下では何も起きません)。従来の競馬ファンの概念を超え、「惜しかった」という結果までが賞金として獲得できる。これこそ、新たな競馬の楽しみ方、META POGが提供する馬主の新たな形である。

賞金獲得の【計算式】

「現役総賞金連動スコア」
総賞金の5着まで
賞金×0.1%(=1000分の1)
 



「種牡馬賞金連動スコア」
種付料×頭数×0.05%

【種牡馬賞金連動スコア例】
◆ディープインパクト
現役時 116万3640円
種牡馬 2653万5000円
合計2769万8640円を獲得可能

◆ロードカナロア
現役時 69万3488円
種牡馬 972万8000円
合計1042万1488円を獲得可能

◆キングカメハメハ
現役時 34万3780円
種牡馬 840万円
合計874万3780円を獲得可能

◆ハーツクライ
現役時 74万280円
種牡馬 666万7500円 
合計740万7780円を獲得可能

そしてMETA POGでは

■デビュー後も競走馬の指名が可能
■古馬も指名が可能

つまり新馬戦で「勝った馬だけ」

「勝った直後に」

指名し続ける事や、既に

「重賞やGIを勝利している馬」
「種牡馬確定の馬」

ですら、いきなり指名が可能。これにより馬指名の失敗は限りなく低くなる。勿論、戦略の幅もかなり広がってくる。そこで下記に、その他META POGの特徴を一覧で報告しておく。

■1頭につき3口まで指名可能■
1頭あたり3口が指名上限。3口が埋まると「満口」となる。勿論、1人で3口分の全てを指名する事も可能(その場合はLICENSE QUBEは3つ必要となるそう)。当然、3口とも指名すればスコア、並びに賞金額は3倍に跳ね上がる。

LICENSE QUBE(LQ)は
■他のユーザーに売れる&買える■
いつでも好きな時にMETA POGに併設される独自のマーケットプレイス「LQ-MARKET(LQマーケット)」で売買を行えるそうだ。これによりキャピタルゲイン(保有している資産を売却することによって得られる売買差益)の様なスタイルで稼ぐ事も可能となっている。

■今後どれだけ稼ぐか一発推算■
この先どれだけ稼ぐ可能性があるのか?を一発で探る計測器「if-METER(イフメーター)」なるものが搭載されているようだ。直訳するとif(もしも)METER(計測器)となるそうだが、この先、自分の指名馬がどれだけ稼げるのか?逆に指名馬の売り時や買い時に迷った時にも使える。

■1000万円を超える高額賞金の予想大会■
メインゲーム第2弾として1000万円を超える高額賞金の予想大会「THE RACING PRIDE(ザ・レーシングプライド)」のリリースも24年冬以降に決定しているようだ。しかも予想大会での超高額賞金の獲得だけでなく、的中とスコアを積み上げる事により自分の予想を高値で売る事が出来るようになるとの事。自らの予想でも稼げる場が用意されている。

■本番開幕までのイメージトレーニング■
META POG運営チームの選抜メンバーが実際に競走馬を指名してMETA POGの基本から「売り・買い」を通した稼ぎ方について実践する。実践形式のデモゲームの感覚に近い。

その他、疑問や不明点は充実したサポート体制のMETA POGお客様窓口へ。通話料無料のフリーダイヤルも用意しており、年中無休で質問に答える。最先端の競馬体験をMETA POGで堪能してほしい。

META POG、それは全ての競馬ファンに向けた革新的なサービスである。参加に必要なのは「LICENSE QUBE(ライセンスキューブ)」を獲得すること。簡単に言えば、このLICENSE QUBEは「厩舎馬房を運営する免許証」。その意味を知れば、ゲームへの参加は非常にシンプルだ。

しかし、この「LICENSE QUBE」は特定の期間中のみ、META POGプレセール専用ホームページで先行販売される。今が、お得に活躍する競走馬や種牡馬を指名するための最大のチャンスである。それがLQ大規模SALEだ。

2024年春、LQを持っている全ユーザーは競走馬の指名を開始する。そして、「複数のLQ」を持っているユーザーには特別な特典が。それは「選択優待権」。この権利を手にすれば、競走馬の指名を優先的に行えるのである。

【選択優待権】とは
━━━━━━━━━━━
2024年春に競走馬の指名が解禁されるのを機に、「選択優待権」という制度が「複数のLQを所有している皆様」に対し適用される。この選択優待権、皆様が狙うであろう人気馬や血統馬、種牡馬が確定している馬、次走確実にGIに出走し賞金スコアを稼ぐであろう馬を『早く(優先して)選択(指名)できる権利』。

META POGでは一口馬主のような抽選やドラフト方式は採用していない。馬指名はどの条件の馬でも性別に関わらず先着順。1頭の競走馬に指名できる口数は「最大3口」。1頭につき3口すべてが指名されると、その馬の指名は満口に。

この選択優待権を持っているとディープインパクトやロードカナロアのような優秀な競走馬を古馬の時点から「いきなり指名可能」。また2024年には古馬となるが、ダービー馬・タスティエーラや皐月賞馬ソールオリエンスも「いきなり指名が可能」となる。

活躍馬指名の確率を一気に高める選択優待権。

高額賞金スコア(現役&種牡馬)を叩き出したディープインパクト級の馬を指名できるチャンスが2倍3倍4倍へと広がります。この選択優待権という特権だけは是非とも行使してほしいと願っています。

そしてここからは

サンデーRや社台RHなど、一口馬主クラブにも多数出資している「生粋の馬好き馬主」への取材から抜粋した内容を記載する。

━━━━━━━━━━━
「馬主仲間との付き合いもあるしステイタスだから馬主は続けるけど、正直、一口クラブはやめてMETA POGに全振りしようかと考えている」

「馬の代金だけじゃなくて馬の飼葉(カイバ)代や預託料、保険料、クラブ側による中抜きもバカにならない。どう考えても確実にMETA POGのほうが稼げるし面白そう」
━━━━━━━━━━━

馬の代金だけでなく、飼葉代、預託料、保険料、さらにはクラブ側の中抜きなど、コストが積み重なる。それに対し、META POGの還元率は圧倒的だ。

具体的には、META POGの現役総賞金連動スコアは「5着までの賞金の80%(馬主取分)」を基に計算。つまり、レースで5着以内に入ると、馬主が得る金額の1000分の1がスコアとして記録される。

この計算については、トータルすると
馬主の「約2倍」
一口クラブ馬主の「約2.5倍強」
実際に稼げる計算。

競馬に関わる者にとって、投資の回収率は非常に重要な指標である。そしてMETA POGと伝統的なクラブ馬主との比較では、その違いは驚異的だ。

例として、ハーツクライを指名した場合を考える。

クラブ馬主での回収率1417%

META POGでの回収率37039%

その差「26倍以上」

さらに、クラブ馬主は購入費以外にも維持費などを継続的に負担するリスクがあるが、META POGではそのような維持費は不要。現役賞金と種牡馬賞金の双方からの収益を目指すことができる。これらの要点を鑑みれば、META POGの魅力は明白である。



META POGは、LQを保有するだけで一切の追加料金が発生しない「生涯ALL FREE」のサービスである。これにより、完全無料で競馬の世界を楽しみながら収益を上げることが可能だ。

しかし、LQの入手は容易ではない。大規模SALEなどの限られた機会でのみ獲得できるため、その希少性は高い。将来、このLQの価値や価格は上昇することが予想される。そのため、SALEの日程や特典情報を早めに把握し、賢明な選択をすることを強く推奨する。



【時代の先駆者としての心構え】
AmazonやGoogleといった大手企業の株価の上昇は、先見の明を持った投資家にとっての大きなチャンスとなった。Amazonの株を1997年に1株約9円で購入した者は、現在その価値が約130ドルまで上昇し、10万円分の投資が「約1億7300万円」となった。

そして、Googleも検索エンジンとしてのスタートから多岐にわたる事業展開を遂げ、初期の投資家はその価値が何千億ドルにまで跳ね上がるのを実際に体験した。

これらの事例から学ぶべきは、早くから行動することの価値や先見の明の大切さだ。

新しい情報や機会が現れたとき、迅速に行動に移すことで、時代の流れを先取りし、大きな利益を得る可能性がある。その先駆者の精神は、現在の競馬関連サービス『META POG』にも通じるものがある。

META POGは、まだ多くの人々に知られていないが、それがまさに大きなチャンスとなる。早く行動することで、未来の金に変わる可能性を秘めていると断言することができるのだ。

━━━━━━━━━━━

META POGメンバー様の声を抜粋

『昔、一口馬主をやってたけど、毎月の出費はけして小さくないんだ。でも、このMETA POGは全然違う。LQを買った価格を上回る賞金を得られれば維持費なんて一切かからないんだから。それにキャロットやシルクなんかよりも手が出しやすい価格で、億を目指せるんだから、そりゃあ夢も膨らむよな』

『今のうちに多くLQをゲットしておくべきだと思います。安く手に入れて高く売れば、何もかも無料で楽しめるわけだから』

『値段が上がる前にきっちりとLQを買っておきたい。選択優待権を使って、自分が絶対に良いと思う馬を指名したいからね』

『今、LICENSE QUBE(LQ)を獲得する事で、リスクよりもリターンの方が遥かに大きい』

『今、LICENSE QUBE(LQ)を手にしておく事が未来への賢い投資だよ』

『何十年も馬券を買い続けてきたけど結果はイマイチ。たまにしか大きな当たりなんてないし、もう馬券が嫌になっていた。でもMETA POGなら1頭からでも報酬が手に入る可能性がある。10万、20万の払戻しすら馬券じゃ難しかったから、META POGは本当に新鮮で面白そう。毎週馬券に使って来た1万2万をコッチに回して、毎回のセールで無理なくLQを獲得して行こうと思ってる』

『選択優待権は絶対に欲しい。ソールオリエンスを指名したいからね、いい種牡馬になると思うから』

『これまで株やNISAで資産運用をしてきたけど、META POGなら新たな投資先になると踏んでいる、未来の自分にもプラスだと思う』

『自分の指名馬が毎週出走するのを想像するだけでもワクワクする。春までにはライセンスキューブをコツコツ貯めて思いっきり指名しようと思う』

『一口クラブと比べたら、META POGは段違い。最近の一口クラブは酷すぎて全部退会しちゃったよ(笑)META POGは維持費もないから、稼げる自信しかない』

『デビュー後でも指名できるのがスゴイよね。POGだったら良血馬が全然走らないことなんてザラだったもん。重賞やGIに出る馬や強い勝ち方をした馬だけ指名して堅実に稼ごうと思ってます』

━━━━━━━━━━━

META POG「Q&A」

◇報酬はどのタイミングでもらえますか?
◆所定の手続き後、1週間前後で可能となります。詳細につきましては全メンバー様がストレスなく、また可能な限りシンプルに手続きができるようにいたします。詳細は決まり次第、お伝えしますのでお待ち下さい。

◇報酬の原資は確保されていますか?
◆META POGでは広告スポンサーからの広告費を原資とし、遊んで報酬が得られるゲームシステムを実現しております。報酬が払われないなどという事態は絶対に起きませんので御安心下さい。

◇報酬に対して税金は発生しますか?
◆報酬金額によっては税金が発生します。税金等の申告などはユーザー様自身で適切な納税をお願いしております。なお、細かい手続きなどにつきましてはMETA POGお客様窓口でも随時対応して参りますので御安心下さい。

◇スコア(報酬)はどう計算されますか?
◆本サービスリリース時(24年・春)に、全ての計算スコアの詳細を公表します。最も代表的な基本スコア(報酬)は指名馬が実際のレースで5着以内に入線した際に加算され、実際の馬主の取り分である「競走賞金額の8割」に対して0.1%をかけたスコアをレースを通して獲得する事ができます。

また指名馬が種牡馬入りした場合は現役時のスコアに加えて、種付け料×種付け頭数×0.05%のスコアを獲得。牝馬が繁殖牝馬入りし五代以内に重賞勝利馬を輩出した場合は、重賞を勝利した産駒の「競走賞金額の8割」に対して0.15%をかけたスコアを獲得する事ができます。

◇競走馬はいつから指名できる?
◆競走馬の指名は「2024年・春から開始」となります。LICENSE QUBE(LQ・ライセンスキューブ)1つにつき1頭の競走馬が指名できる為、早いほどお得にLQを入手できる「LQプレセール(LQの先行販売)」を有効にご活用下さい。所有されているLQの数だけ馬を指名する事ができます。なお、一度LQに格納した指名馬を変更することはできませんのでご注意下さい。

◇どんな馬でも選ぶ事ができますか?
◆はい。META POG側で用意した全現役馬リスト(3歳&古馬以上)と、デビュー前の全2歳馬リストの中からお好きな馬を指名できます。ただし、1頭につき指名は最大3口までとなります。なお、META POGでは「デビュー後も競走馬指名が可能」となっている事から、常にLICENSE QUBE(LQ)を数枚ほど保有しておきながら、いつでも怪物馬を指名できる態勢を整えておく事が種牡馬(高額賞金獲得)への近道になって参ります。

競馬頭脳で挑む
PLAY TO EARN(P2E)
ゲーム参加権付きNFT
先行予約販売

META POG・公式ホームページ
https://meta-pog.com/?ad=ss215

※上記META POGサイトにアクセスし、サイト「右上」にある『新規登録ボタン』から空メールを送るだけでも無料登録ができます。

※ドメイン指定受信や迷惑メール設定をされている方は、ドメイン指定受信や迷惑メールフィルターの設定を変更して下さい。META POGのドメイン「@meta-pog.com」からのメールを受信できるよう設定した後、もう一度空メールの送信をお試し下さい。

【明日から稼げる六箇条】
■其の一
2歳新馬や未勝利馬で「まだ指名が満口になっていない馬」が強い勝ち方をした際に、その馬を勝った瞬間に指名する

■其の二
2024年7月から指名開始が予定されている「3歳」「古馬(4歳以上)」の中には、2024年の皐月賞馬やダービー馬、2023年の有馬記念やジャパンCなどの重賞勝ち馬が含まれており、次のレースでも即座に大きな賞金獲得が見込めそうな馬を指名する

■其の三
古馬で既に「GIを勝利している引退間近な馬」、また「引退間近の馬で血統背景から引退後種牡馬になる事がほぼ確実視」されているような馬を指名する

■其の四
セレクトセール1歳市場出身馬から、評判馬や血統だけで種牡馬入りする馬や繁殖に上がって優秀な馬を指名する

1歳市場出身馬として有名な馬
━━━━━━━━━━
ジャスタウェイ(9億939万8000円)サトノクラウン(6億3210万3100円)アドマイヤマーズ(5億5700万1500円)グローリーヴェイズ(7億3283万7500円)ナカヤマフェスタ(4億1979万7500円)デアリングタクト(6億4413万2400円)ラヴズオンリーユー(9億1394万8700円)
━━━━━━━━━━

馬名の横はレースでの獲得賞金、例えばGIを「3勝」GIIとGIIIを「2勝」したジャスタウェイをMETA POGで指名していれば現段階で約256万4488円を獲得。上記で紹介した以外にも「1歳市場出身馬」としてGI優勝歴があるのは多数

タイセイレジェンド、ダノンシャンティ、セイウンコウセイ、トーセンジョーダン、アドマイヤラクティ、サダムパテック、トーセンスターダム、ミッキークイーン、ミッキーロケット、レインボーライン、ダノンファンタジー、ダノンファラオ、ジュンライトボルト、ノットゥルノ、アスクビクターモア、ジャスティンパレス、ドゥラエレーデ、デルマソトガケ、ポタジェ、ノームコア、ディアドラ、ミッキーアイル

全部で29頭もの馬がセレクトセール1歳市場で落札され、GIタイトルを手にしている

■其の五
産駒の勝ち上がり率が高い種牡馬を指名する

現3歳世代における産駒の勝ち上がり頭数・出走頭数・勝ち上がり率
━━━━━━━━━━
1位:エピファネイア(52頭・131頭・39.7%)2位:ロードカナロア(45頭・152頭・29.6%)3位:モーリス(41頭・115頭・35.7%)4位:ルーラーシップ(38頭・115頭・33.0%)5位:キズナ(37頭・84頭・44.0%)6位:ハーツクライ(37頭・110頭・33.6%)7位:ドゥラメンテ(36頭・103頭・35.0%)8位:ジャスタウェイ(36頭・107頭・33.6%)9位:ヘニーヒューズ(34頭・72頭・47.2%)10位:キタサンブラック(32頭・72頭・44.4%)

※左から勝ち上がり頭数・出走頭数・勝ち上がり率
※23年6月末時点でのデータ
━━━━━━━━━━

出走馬の多いエピファネイア産駒が1位に輝いたが、率で言えばダートを主戦場とするヘニーヒューズ産駒が優秀。勝ち上がり頭数23頭のシニスターミニスター産駒などは勝ち上がり率52.3%と、出走頭数が多い組では唯一の50%オーバーの勝ち上がり率。指名した馬の「勝ち上がり」を重視したい場合、こうしたダート血統を狙うのも1つの手

■其の六
来年デビューを迎える新種牡馬は近年にない豊作年!有望な新種牡馬の産駒を指名する

2024年デビュー新種牡馬
━━━━━━━━━━
アドマイヤマーズ(ダイワメジャー産駒)ウインブライト(ステイゴールド産駒)エポカドーロ(オルフェーヴル産駒)ゴールドドリーム(ゴールドアリュール産駒)サートゥルナーリア(ロードカナロア産駒)シスキン(First Defence産駒)タワーオブロンドン(Raven′s Pass産駒)ナダル(Blame産駒)ノーブルミッション(Galileo産駒)フィエールマン(ディープインパクト産駒)フォーウィールドライブ(American Pharoah産駒)ミスターメロディ(Scat Daddy産駒)モズアスコット(Frankel産駒)ルヴァンスレーヴ(シンボリクリスエス産駒)
━━━━━━━━━━

中でも特に注目されるサートゥルナーリア(エピファネイアの半弟)、エピファネイアの産駒傾向はどちらかと言えばスタミナ系であるのに対し、関係者によればサートゥルナーリアは「武器は瞬発力」。社台グループが導入したシスキンやナダル、そして日本軽種牡馬協会が導入したノーブルミッションなどは、自身も2000m以下のヨーロッパチャンピオンでありフランケルの全弟として注目を集める種牡馬

今後、長者実践記には「其の七・其の八・其の九…」と、様々な視点から美味しい情報や秘訣、巧妙な手法、時に奇想天外な方法から奇策裏技までをも掲載!


その他、META POGの最新情報は随時メールで配信中。本文内【META POG・公式ホームページURL】からMETA POGサイトにアクセスし、サイト「右上」にある『新規登録ボタン』から空メールを送るだけで無料登録ができます。

META POG・公式ホームページ
https://meta-pog.com/?ad=ss215

この記事が参考になった方は
主宰者に「エール」を送ろう!(最大10回)

エール0

この主宰者をお気に入りに登録しよう!
マイページから確認できます

お気に入り登録
競馬サロン TOP

人気主宰者の「重賞」「自信の一鞍」など複数の予想を30日間定額で!

月額コースはコチラ

ただいま30日間
無料お試しキャンペーン実施中!

月額コース購入に進む

この記事のみをご覧になりたい方はコチラ

単品購入(500pt)に進む

本記事は単品購入限定となります

PAGE TOP