UMAJIN.net

競馬サロン

馬体アナリスト 伊藤

2024/05/25 18:00

日本ダービー2024 最終結論【馬体】イクイノックスが重なる◎から勝負【重賞深掘りPROJECT】

134
2024年4月「競馬をより深く楽しんでいただく」ため新たなPROJECTがスタート!
その名も「重賞深掘りPROJECT」。
重賞のことなら「ここを見れば完璧!」と言っていただける『重賞コーナー』に育てていくことを目指します!

=新PROJECT発足のご挨拶=
このPROJECTのプロモーター「ブッシー」からのご挨拶です。

【重賞深掘りプロジェクト】始動のご挨拶
https://uma-jin.net/new/salon/salon_detail/17517/0/109

《馬体アナリスト 伊藤のプロフィール》
競馬業界歴は20年。競馬専門紙を経て「重賞深掘りプロジェクト」重賞深掘り隊の第一期メンバーに選抜された馬体アナリスト 伊藤です。馬の馬体に惚れ込み馬体重視の予想を展開。現在は南関東の重賞開催日を中心にプレスとして出入りしています。

《馬体アナリスト 伊藤の最新動画》
【日本ダービー 2024|馬体診断】完成度『ピカイチ』な馬を『穴』指名! 馬体アナリストが有力馬8頭を徹底分析


《日本ダービーの馬柱》


--------------

競馬サロン読者の皆さん、こんばんは。
「重賞深掘りプロジェクト」重賞深掘り隊の第一期メンバー・馬体アナリストの伊藤です。

土曜の葵Sは超高速決着&完全な前残りになり予想は残念ながら不発でしたね。

時計から1着のピューロマジックと2着のペアポルックス、馬体から2着のペアポルックスと3着のナナオを取り上げていただけに、もうひと捻りできていればでしたが、日曜の2重賞で改めて頑張りたいと思います。

それでは日曜重賞・日本ダービーの予想を進めていきます。

ここまでの予想コラムで述べた内容と重なり恐縮ですが、私の重賞の予想方法は

(1)過去好走馬の馬体分析
(2)馬体以外で重視すべきファクターの選定
(3)出走有力馬の馬体分析
(4)総合的に判断した印と想定人気を考慮した買い目並びに点数の決定

以上です。

まず過去好走馬の馬体分析ですが、過去10年の好走馬の馬体から「デキ」と「完成度の高さ」と「シルエット」に注目してみたいですね。

デキと完成度の高さが3歳GIで問われることはここまでの動画やコラムでお伝えしてきた通りです。

馬体的な構造に目を向けると

・四肢、胴とも長い(切れも備わった)持久力タイプ
・筋肉量に優れ長躯短背の瞬発力タイプ


この2パターンが日本ダービーの好走馬として見つかります。

「長躯短背(ちょうくたんばい)」について軽く解説すると、背中に比べて胴が長く、馬体構造的に「しなり」を利かせやすくなります。さらに柔軟な筋肉が加わることで、切れる馬が多く見られます。

前者の代表例が差し馬ですがドゥラメンテ、昨年の優勝馬タスティエーラ。
後者の代表例がドウデュース、昨年の2着馬ソールオリエンス。

ドゥラメンテとドウデュースは強すぎた可能性があるため、昨年の1、2着馬を参考にするのがいいかもしれません。

土曜の葵Sと同様にひとつのパターンに該当する馬だけが走るわけではなく、出走有力馬がどんな「シルエット」かはチェックしておきたいですね。

続いて馬体以外で重視すべきファクターの選定ですが、これは「末脚の鋭さ」とします。

逃げ候補のメイショウタバルが金曜段階で取り消し、今年の日本ダービーは確固たる逃げ馬が不在です。

シュガークンやサンライズアースの逃げが考えられますが、序盤から中盤にかけてはまずスローが濃厚。3角から4角にかけてコスモキュランダの一気進出が考えられるものの、最終的にはスローの切れ味比べとなりそうですね。

今回は芝1800m以上の重賞で上がり3F33秒9以下を記録した馬をチェックしていきます。

レガレイラ 皐月賞で上がり3F33秒9
ジューンテイク 京都新聞杯で上がり3F33秒6
ビザンチンドリーム きさらぎ賞で上がり3F33秒7
ミスタージーティー 共同通信杯で上がり3F33秒0
アーバンシック 京成杯で上がり3F33秒9
シュガークン 青葉賞で上がり3F33秒9
シックスペンス  スプリングSで上がり3F33秒3
ジャスティンミラノ 共同通信杯で上がり3F32秒6
ショウナンラプンタ 青葉賞で上がり3F33秒6
エコロヴァルツ 皐月賞で上がり3F33秒9

約半数の馬が該当しますが、うちレガレイラとアーバンシックの2頭は「馬体」からも強調できますね。


さらに出走馬の馬体分析です。

出走有力馬7頭は表にまとめています。



チェックポイントは

・馬体のデキ
・完成度
・シルエット


の3点。

シルエットについては馬のタイプを判別するもので、今年であれば長躯短背の瞬発力タイプに風が吹くと見ています。

上記3点をきっちり満たすのがアーバンシック。一発なら本馬でしょう。

デキで◎をつけられませんでしたが、シンエンペラーとレガレイラも強調できますね。ただし、シンエンペラーはここまで使ってきた上がりに限界があるタイプです。

皐月賞4着のアーバンシックから一発も考えましたが「末脚の鋭さ」でおそらくアーバンシックより優るのがレガレイラ。

鞍上のC.ルメール騎手は土曜競馬で7戦5勝2着2回と絶好調。レガレイラを完璧に乗りこなせそうですね。

他にも調教、枠順などを考慮した最終結論は次の通りです

《日本ダービーの最終結論》
◎2レガレイラ
○15ジャスティンミラノ
▲8アーバンシック
☆13シンエンペラー
△6コスモキュランダ
△9ダノンエアズロック
△11シュガークン
△12シックスペンス

本命はレガレイラ。馬体は皐月賞出走時のデキをキープできています。背中が短く馬体構造上「しなる」馬ですね。完成度は高めですが、短期間でキ甲まわりの盛り上がりが大きくなり成長中。歩様と走りから現3歳世代で最も柔軟な筋肉を持つと見ていて、柔らかさは桜花賞馬のアスコリピチェーノ、皐月賞馬のジャスティンミラノより上です。

個人的には木村厩舎の先輩であるイクイノックスと姿が重なって見えます。皐月賞は届かなかったものの、ノーザンFがわざわざC.ルメール騎手を乗せて牡馬にブツけてきた以上は勝ち負けになるはずです。

対抗評価はジャスティンミラノ。キズナ産駒らしい豊富な筋肉量を誇りパワーに優れ、長躯短背の切れる馬体ですね。ただし、個人的にはもっと研ぎ澄まされた姿を見たかった。現3歳世代で最も強い牡馬は本馬だと考えます。

単穴評価はアーバンシック。ドウデュースやソールオリエンスが重なる、筋肉質で長躯短背の瞬発力タイプです。皐月賞時より研ぎ澄まされ、あばらをくっきり見せているのがいいですね。ハリツヤも良化し状態は絶好でしょう。

ハーツクライ系の産駒らしいトモはまりの緩さが見られ、4戦連続で出負け中ですが、今回のデキと東京替わりならリカバリー可能で単穴の魅力は十分と考えます。ダービーで惜しい騎乗が続く横山武史騎手ですが、一発を狙ってくるでしょう。

☆評価はシンエンペラー。本馬は世代屈指の高い完成度を誇ります。馬体は前回の方が研ぎ澄まされていましたが、今回は胸前がさらにパンプアップしましたね。調教で着けていたチークは結局着けないとのことですが、東京芝2400mの舞台で前進を期待ですね。

馬券はレガレイラの単勝が中心。ジャスティンミラノとの馬連は比率を調整します。理想はジャスティンミラノが3着で中穴が2着に突っ込んでくるパターンでしょうか。

《日本ダービーの買い目》
◎2レガレイラ
○15ジャスティンミラノ
▲8アーバンシック
☆13シンエンペラー
△6コスモキュランダ
△9ダノンエアズロック
△11シュガークン
△12シックスペンス

【単勝】2(1点)
【馬連】2=15,8,13,6,9,11,12(7点)
【3連複/フォーメ】2=15,8,13=15,8,13,6,9,11,12(15点)

《重賞深掘りPROJECT関連動画》
【日本ダービー 2024|血統診断】世界的名血が歴史を変える!新たな時代をつくるのはこの馬だ!


【2024年ダービーをデータで的中!】ジャスティンミラノ、危うし!? 皐月賞上がり6位以下は【0.1.2.47】と過去10年勝利ナシ! イチオシは前走・仰天ラップを踏んだアノ馬!


【日本ダービー 2024|調教診断】ここは譲れない!王道パターンのあの馬に注目!そしてあの人気馬に異変が…?

この記事が参考になった方は
主宰者に「エール」を送ろう!(最大10回)

エール0

この主宰者をお気に入りに登録しよう!
マイページから確認できます

お気に入り登録
重賞深掘りプロジェクト TOP

人気主宰者の「重賞」「自信の一鞍」など複数の予想を30日間定額で!

月額コースはコチラ

ただいま30日間
無料お試しキャンペーン実施中!

全コラムが見放題
月額コースはコチラ

月額コース購入に進む

この記事のみをご覧になりたい方はコチラ

単品購入(500pt)に進む

本記事は単品購入限定となります

PAGE TOP