UMAJIN.net

競馬サロン

SPREAD編集長・山田

2024/05/25 19:30

【日本ダービー2024予想】「シックスペンスやレガレイラの不安材料」 人気で消しの馬、穴で買いの馬を考察する【前編】

110
◆【5/26(日)的中速報】昨年3連単2万9810円的中!覆面馬主7号はじめ主宰者たちの最終結論は?【日本ダービー2024予想】

日本ダービー(東京優駿)2024予想【前編】

スポーツメディア『SPREAD』編集長・山田です!

「ダービーに始まりダービーに終わる」

という言葉があるように、日本ダービーが終われば来春の主役を探し始める自分がいます。つまり、自分にとって日本ダービーとは、1年間の答え合わせ。

キャリア3戦目で制し「和製ラムタラ」と呼ばれたフサイチコンコルド、荒々しいまでの強さで春2冠を制したドゥラメンテ、福永祐一騎手がダービージョッキーの称号を掴んだワグネリアンなどは、2歳時に「未来のダービー馬」と信じ、単勝を握りしめた馬たち。

今年は無敗の皐月賞馬ジャスティンミラノという“強敵”はいますが、それでも自身が信じた本命◎で勝負!

その結論(印・買い目)は【後編】でお届けするとして、こちらの【前編】では予想プロセスを展開します。

▽SPREAD編集長・山田の予想コラム【後編(印・買い目の結論)】はコチラ!
◆【日本ダービー2024予想】「ジャスティンミラノ、2着のシナリオ」 本命◎は単勝10倍台、馬単・3連単で一発を狙う【結論(印・買い目)】

それでは、第91回日本ダービーの予想コラム【前編】に入ります!

皐月賞組の買いor消しを見極める

オークスは桜花賞馬ステレンボッシュが2着に敗れたものの、同13着のチェルヴィニアが復活V。桜花賞3着のライトバックが再び3着に入り、4着には同8着のクイーンズウォークが巻き返した。例年通り、クラシックの王道を歩んだ馬たちはやはり強かった。

日本ダービーも前走・皐月賞組が優勢なのは、過去10年【8.9.6.70】のデータが示す通り。今年も勝ち時計1分57秒1のレコード決着となった皐月賞組は強く、まずはその取捨がカギとなる。

ジャスティンミラノの見解は【後編】に委ねるとして、ここでは皐月賞2着以下を考察する。

まず2着のコスモキュランダは弥生賞はマクリの奇襲策がハマり、皐月賞はJ.モレイラの巧みなエスコートが好結果をもたらした、そんな印象が大半か。しかし、ジャスティンミラノをクビ差追い詰めた皐月賞の走りは高い能力がないとできない芸当であり、明らかに急成長を遂げた馬。

2022年の7番人気3着アスクビクターモア、21年の9番人気3着ステラヴェローチェに共通し、戦績の割に人気にならないのは、中山実績や“勝負服”の影響か。この人気なら「買い」となる。

皐月賞は前半1000m57秒5のハイペースだったが、当日の中山芝は前残り馬場だったのも事実。その点、直線だけで追い込んだ4着アーバンシック、6着レガレイラは広い府中での見直しは可能と言える。ただ、レガレイラは1枠だと出負けしたらロスがあり、出していって終い伸びるかは未知数。総合力が問われる日本ダービーの舞台で牡馬を倒すのは容易ではなく、今回はアーバンシック>レガレイラの評価順とする。

一方、4角でコスモキュランダより前に位置しながら5着に沈んだシンエンペラーは物足りず、凱旋門賞馬の弟いう血統背景の通り、終いの脚には限界がある印象。

京都2歳Sは直線で各馬がゴチャつくレース、ホープフルSは差し馬場とはいえレガレイラの末脚に完封。掲示板までと見て「消し」といく。

シックスペンスとシュガークンは……

皐月賞は4角でサンライズアースが外へ膨れ、ビザンチンドリームが不利を受けたが、不利がなくても上位争いできたかは疑問。エコロヴァルツはレガレイラと上がり最速タイで6着に追い込んだが、態勢が決した後の追い上げ。皐月賞6着以下の馬たちの巻き返しは厳しい。

ならば、狙いは別路線組。

皐月賞の発走直前に右前肢ハ行で除外となったダノンデサイルは、京成杯がアーバンシック以上のパフォーマンス。京都2歳Sは直線前が壁の不利があり、実力は世代トップクラスのものがある。鞍上がコーナー4回の中山は不向きと語っている通り、ダイナミックなフォームは広い府中でこそ。

隠れた実力馬と言えば、プリンシパルSを快勝しクラシック戦線へ舞い戻ったダノンエアズロック。弥生賞は軽度の骨折もあったが、何より手前を替えずの競馬。戦績や追い切りからサウスポーは間違いなく、レガレイラの末脚を封じたアイビーSの後半4F45秒1というラップはGI級のそれ。

この2頭は「買い」とし、重い印を打つ。

一方、別路線組で上位人気が予想されるスプリングSの勝ち馬シックスペンスは「消し」。中山芝1800mで上がり33秒3は優秀とはいえ、ここまでの対戦相手は一枚落ちのレベル。タフなレース展開で死闘を演じた皐月賞組とは、まだ経験値の差がある。

青葉賞勝ち馬のシュガークンも、レースセンスと成長ぶりは認めるものの、強調材料は少ない。キタサンブラックの半弟×鞍上・武豊で実力以上に注目が集まっている印象もあり、こちらも「消し」といく。

後編】では、前述で「買い」とした馬で馬券を組み立て、「日本ダービー(東京優駿)2024予想」の結論(印・買い目)をお届けする。

▽SPREAD編集長・山田の予想コラム【後編(印・買い目の結論)】はコチラ!
◆【日本ダービー2024予想】「ジャスティンミラノ、2着のシナリオ」 本命◎は単勝10倍台、馬単・3連単で一発を狙う【結論(印・買い目)】

▽その他主宰者の【無料】予想コラム
◆【シャト美|日本ダービー2024予想】皐月賞ジャスティンミラノの勝ち方は“超例外” 「10人気以下の大穴を1頭抜粋」&【朝活・東京3R】

◆【齋藤翔人|日本ダービー2024予想】単回収率764%を誇る「前走○○の着差」で大穴馬が浮上 好走条件8項目とは【前編】

◆【WINDEXマイスター|日本ダービー2024予想】能力値60pt超え【1.4.0.3】 ジャスティンミラノに不穏なデータも“怪物”に迫る共通点とは?


◆【5/26(日)的中速報】昨年3連単2万9810円的中!覆面馬主7号はじめ主宰者たちの最終結論は?【日本ダービー2024予想】

この記事が参考になった方は
主宰者に「エール」を送ろう!(最大10回)

エール0

この主宰者をお気に入りに登録しよう!
マイページから確認できます

お気に入り登録
競馬サロン TOP

人気主宰者の「重賞」「自信の一鞍」など複数の予想を30日間定額で!

月額コースはコチラ

ただいま30日間
無料お試しキャンペーン実施中!

全コラムが見放題
月額コースはコチラ

月額コース購入に進む

この記事のみをご覧になりたい方はコチラ

単品購入(500pt)に進む

本記事は単品購入限定となります

PAGE TOP