UMAJIN.net

競馬サロン

調教ライター 西村武輝

2024/06/20 13:30

宝塚記念2024 【調教】全13頭調教診断レポート【重賞深掘りPROJECT】

196


2024年4月「競馬をより深く楽しんでいただく」ため新たなPROJECTがスタート!
その名も「重賞深掘りPROJECT」。

重賞のことなら「ここを見れば完璧!」と言っていただける『重賞コーナー』に育てていくことを目指します!
『重賞深掘りPROJECT』では血統、DATA、馬体、追い切り、情報の5大ファクターを中心にその道のプロが各重賞の最終結論まで導き出していきます。

『重賞深掘りPROJECT』深掘り隊の今後の活躍にどうぞご期待ください!

---------------------------------

【競馬サロン】読者の皆さん、こんにちは。

調教ライター・西村武輝です。

今週も「週末重賞全頭追い切りレポート」を公開いたします。

長かった春競馬も終了。今週末は上半期を締めくくる「宝塚記念」が開催されますね。

例年と異なり京都競馬場での開催となりますが、一流馬が多数参戦するグランプリレースという面から考え京都向きうんぬんではなく、馬が持てる力をしっかり発揮できる状態へ過不足なく調整されているかを調教から見極めたいレースと言えます。

まずはシンプルに調整過程と動きの部分での気配評価、採点を行った以下のレポートをご確認ください。週末にはこの「調教診断」を軸として調教ライター・西村武輝の「印・見解・買い目」を公開する重賞の最終結論コラムもお届けいたします。こちらもどうぞご期待ください。

それでは以下「宝塚記念」全頭追い切り診断となります。

●6月23日 宝塚記念(GI、京都、芝2200m)
 
■カラテ 岩田望騎手騎乗 栗東坂路併せ馬 1勝クラスに取り付いていくが先に手が動いてしまい、手応え劣勢のままアタマ差遅れに終わっている。一定の力強さはあったものの、気持ちの面でどうか。よくて平行線。【5】
  
■ジャスティンパレス 高倉騎手騎乗 栗東CW併せ馬 3勝クラスを追走しコーナーワークで取り付いていく。手前の変換に手間取ったのか、鞍上が直線入口で見せムチをくれ、そこからジワッと加速、それでも相手にアオられ気味でラストは鞍上が懸命にしごいてなんとかアタマ差抜け出している。見栄えは悪いが、もともとズブい馬だし馬具の影響で反応の鈍さもあったよう。最終追いを含めCW3F36秒台を3本出せており、体調面は悪くない。【6】
  
■シュトルーヴェ D.レーン騎手騎乗 美浦坂路単走 同厩の未勝利馬を目標に坂へ。馬場コンディションを考慮してか鞍上は無理にキャッチアップにいかず、自分の走りに集中させるほうを選択。やや捌きに硬さは感じさせたが、力強い踏み込みで駆け抜けている。1週前のウッド併せ馬は遅れ入線も時計はいいものが出ており、この馬なりに順調。【6】
  
■ソールオリエンス 嶋田騎手騎乗 美浦ウッド併せ馬 2勝クラスを追走する終い重点の内容。スムーズなコーナリングから直線に向かうと、持ったままの手応えでアオり、相手が来れば来るだけ即対応してギアチェンジ。そのまま楽に併入としている。1週前の動きも豪快で、立て直し成功と見ていい。【7】
  
■ディープボンド 幸騎手騎乗 栗東CW単走 先週速い時計を出したのが実質の最終追い。今週はゆったり入り、直線の反応を見るだけの内容に留まる。ベテランらしく落ち着いて道中進み、促された直線では若干のズブさはあったものの、首を使って躍動感ある動きを見せていた。大きなデキ落ちはなく順調。【6】
  
■ドウデュース 助手騎乗 栗東芝併せ馬 未勝利馬を1秒追走し、直線手前の時点で併走に持ち込む。直線に正対した際、抜け出そうと一瞬力むも鞍上がしっかり制御。そのまま絶好の手応えを保って併入とした。操縦性、脚捌きともに申し分なし。中間の時計も抜群で、帰国初戦を感じさせない文句なしの仕上がり。【8】
  
■ヒートオンビート 助手騎乗 栗東芝単走 東京遠征から中3週となるため芝コースで馬任せの単走・馬なり調整。直線半ばから加速すると重心が上ずる面があったが、いつものことで脚捌きそのものは軽快だった。大きな上積みこそなさそうだが、順調と言える。【6】
  
■プラダリア 池添師騎乗 栗東坂路単走 1週前に松山騎手騎乗のCW併せ馬である程度の負荷を掛けられており、今週は指揮官が終いの反応を見る内容だった。渋った馬場を苦にしたか、やや踏み込みは浅め。ラストはおっつけられてジワッと伸びるような状況で派手さはないものの、フォームそのものはブレなく安定していた。この馬の力は出せそう。【6】
  
■ブローザホーン 菅原明騎手騎乗 栗東坂路併せ馬 帝王賞(6/26、大井)に向けて調整されているディクテオンとスパーリング。終い重点でお互い無理をさせない内容となり、ブローザホーンが若干だけ手応えで見劣ったものの力強い踏み込みから併入としている。稽古駆けしない馬で時計は地味ながら、手前の変換はスムーズ。気持ちをしっかり維持できていたのは好感が持てる。前走時以上の気配にありそう。【7】
  
■ベラジオオペラ 上村師騎乗 栗東坂路単走 1週前にCW併せ馬で速い時計を出したのが実質の最終追い。今週は単走・馬なり調整で息を整える程度の内容に留まっている。若干右に張り、ラストは指揮官がおっつけ気味ではあったものの、しっかり反応し長くいい脚を使った。前走時ほどの迫力はないが、まずまず順調。【6】
  
■ヤマニンサンパ 団野騎手騎乗 栗東坂路併せ馬 4戦無敗の有望株ヤマニンウルスと熱のこもったスパーリング。手応えはやや劣勢ながら、気持ちの強さを感じさせるように食らいついていき併入とした。あと少し切れて欲しい感はあったものの、中2週でこれだけやれるあたり体調面は上々か。悪くない仕上がり。【6】
  
■ルージュエヴァイユ 助手騎乗 美浦坂路併せ馬 1週前のウッド併せ馬で猛時計を出しており、輸送を控える今週は調整程度。1勝クラスを目標に、終い重点で追われた。楽な手応えを保ったままスムーズにギアを上げ、まったくの自然体で抜け出し1馬身の先着を果たしている。万全の仕上がりだ。【7】
  
■ローシャムパーク 助手騎乗 美浦ウッド併せ馬 3勝クラスを追走。道中は行きたがってしまい力みを見せるが、許容範囲。直線ではグンと重心を沈め、ラストでさらにギアを上げると稽古駆けする相手に半馬身先着を果たした。中間は自己ベストを更新しているし、能力全開に期待できる。【7】
  
<追い切り評価>は最終追いを含めた中間の調整全体の総合評価となり、10段階評価(10が最高、1が最低)です。

この記事が参考になった方は
主宰者に「エール」を送ろう!(最大10回)

エール0

この主宰者をお気に入りに登録しよう!
マイページから確認できます

お気に入り登録
重賞深掘りプロジェクト TOP

人気主宰者の「重賞」「自信の一鞍」など複数の予想を30日間定額で!

月額コースはコチラ

ただいま30日間
無料お試しキャンペーン実施中!

全コラムが見放題
月額コースはコチラ

月額コース購入に進む

この記事のみをご覧になりたい方はコチラ

単品購入(500pt)に進む

本記事は単品購入限定となります

PAGE TOP