UMAJIN.net

スマートフォンアプリ

UMAJIN.netのスマートフォンアプリが登場!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

競馬サロン

齋藤翔人

2021/07/02 21:33

【CBC賞】 22年ぶりの小倉開催

213
中京競馬場で行なわれる重賞は、レース創設当初から、距離や施行時期、格式といった条件が、何度も変更されているイメージがあります。高松宮記念を筆頭に、金鯱賞や東海ステークス(旧・ウインターステークス)、そして今週のCBC賞など。40年近く福島の芝2000mで行なわれている、来週の七夕賞とは対照的です。
京都競馬場の改修工事の影響で、昨年、阪神競馬場で行なわれたCBC賞は、今年は22年ぶりとなる小倉競馬場での開催。過去の傾向をみる者にとって、ほとんど行なわれたことがない条件で開催されるレースの予想は、よりいっそう難しさを増します。いきなり言い訳がましくなってしまいましたが…。今回は、2つの条件で過去の傾向をみることにします。
それは、過去5年のCBC賞と、過去3年の小倉芝1200mの傾向。後者に関しては、今週が小倉の開幕週ということもあり、対象をAコースに絞りました。その中で重視したのは下記の指標です(こちらは2018年7月28日から2021年2月7日まで。Aコースのみ)

過去5年のCBC賞の傾向から
(1)馬齢と性別

過去3年の小倉芝1200m Aコースの傾向から
(1)前走コース
(2)(1)の今回の枠順と前走脚質

過去5年のCBC賞は3、4歳馬が6頭ずつ出走し、すべて4着以下と不振。逆に、5歳馬は4勝と好成績です。中でも、牡馬は[3-1-1-6/11]で、勝率27.3%、複勝率45.5%。単勝回収率150%、複勝回収率は205%と優秀。軸馬はここから選ぶことにしました。
一方、5歳牝馬は2020年に二桁人気馬が揃って連対し大波乱を演出。とはいえ、過去5年で牡馬と同じ11頭が出走したものの、その2頭を含め1着から3着までがそれぞれ1頭ずつ。悪くはありませんが、抑え程度の評価で良いのではないでしょうか。

次に、小倉芝1200m Aコースの過去3年の傾向を見てみます。こちらはレース数が多く、高配当の決着も多いため、勝率、複勝率とそれぞれの回収率が伴わず、なかなか良い指標を見つけることができませんでした。それでも、なんとか使えそうな指標があります。それは、前走コース別成績。特に、前走中京芝1200m組と芝1400m組の成績が良く、中でも、下記の3つの指標はまずまずの成績をおさめています。

(2)-1 前走中京芝1200m組で、今回1枠から4枠に入った馬。
(2)-2 前走中京芝1200m組で、前走先行or差しだった馬。
(2)-3 前走中京芝1400m組で、前走差しor追込みだった馬。

(2)-1は、[6-11-5-36/58]。勝率10.3%、複勝率37.9%。単勝回収率227%、複勝回収率123%と優秀な成績。出走馬中、唯一該当するクリノアリエルの一発があるかもしれません。
(2)-2は、前走先行馬が[4-6-2-23/35]。勝率11.4%、複勝率34.3%。単勝回収率150%、複勝回収率149%とまずまずの成績。前走差した馬も、[5-6-6-34/51]。勝率9.8%、複勝率33.3%。単勝回収率115%、複勝回収率217%とこちらもまずまずの成績。
最後に(2)-3で、前走差した馬が今回不在ですので、前走追い込んだ馬のみ成績を紹介すると、[3-2-2-13/20]。勝率15%、複勝率35%。単勝回収率116%、複勝回収率137%とサンプルは少ないですが、これもまずまずの成績です。
これら3つの指標を重視した上で、印は下記のとおりとしました。

◎ファストフォース
○ヨカヨカ
▲クリノアリエル
☆アウィルアウェイ
△ピクシーナイト
△メイショウケイメイ
△タイセイビジョン
△ノーワン
△メイショウチタン

【買い目】
・単勝 ◎
・馬単マルチ ◎=○▲☆△△△△△の計16点
・ワイド ◎→○▲☆△△△△△の計8点

なんと、5歳牡馬が1頭しか出走していないので、本命は、格上挑戦でなおかつ8ヶ月ぶりの休み明けとなるファストフォースになりました。あまり人気はなさそうで、3着内に来てくれれば配当もそれなりに期待できそう。ただ、ラジオNIKKEI賞同様、本当に難しいレースですので、印は多いですが、これでもまだ付け足りない気がしています。
また、小倉芝1200mは、当場の芝のレースで最も施行数が多く、上述した(2)-1から3のデータが、CBC賞以外でも参考になるかもしれません。

最後に、来週は所用のためお休みをいただき、次回は再来週にコラムを出します。その週は、またしても予想しがいのありそうな難解な重賞が3つも控えているので、今から楽しみです。
それでは、今週も競馬を楽しみましょう。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事が参考になった方は
主宰者に「エール」を送ろう!(最大10回)

エール0
競馬サロン TOP

PAGE TOP